EC-GAINが掲げる未来の沖縄の姿

EC-GAINが掲げる未来の沖縄の姿

現在の沖縄のEC産業は、多く見積もっても年間200億円程度だと予想しています。それを5倍以上の1000億円規模にまでしたい。 そうすることでEC業界で働く多くの人の雇用を生み、高い賃金を払えるようにしたいと考えています。 産業の拡大と沖縄EC業界のレベルアップを図ることで、沖縄へU/Iターンによる質の高い人材の流入を狙い、さらに産業が拡大できる土台を作りたいと日々妄想しています。

沖縄のEC環境を良くする

日本の中で都道府県として「島」なのは北海道と沖縄の2つだけ。 北海道は観光産業もEC産業も強く昔から多くのEC成功事例が生まれています。 一方で沖縄のEC環境は非常に劣悪。ヒトなし、モノなし、カネなしといった三重苦です。 しかしながら他県にはない”強み”もまた、豊富にある県であると私は考えています。 今は事業環境が悪く、そのポテンシャルを最大限引き出せていない沖縄のEC産業の状況を良くし、ヒトもモノもカネも豊富な県にすることで沖縄の経済を明るくしたいのです。